1st Problem-BLワークショップ

-Learn More About Global Issues-

 

 

 

 

平成31年3月31日(日)九州大学 伊都キャンパスにて、Problem-BLワークショップ

-Learn More About Global Issues-を開催しました。

 

糸島高校、大濠高校、香椎高校、九州国際大学附属高校、久留米高校、玄洋高校、自由ケ丘高校、西南高校、長崎東高校、福岡舞鶴高校、ひびき高校、北筑高校、京都高校から25名の高校生が参加してくれました。

 

アイスブレイク後に、PBLチュートリアルを実施しました。

PBLについては下記URLから詳しくご覧いただけます。

https://www.oces-edu.com/peertutor/

 

3グループに分け、今回はピアチューター養成講座を受講した5名が、それぞれのグループにピアチューターとして参加しました。

テーマは、「トンレサップ湖周辺住民の課題から、グローバルイシューを読み解く」

 

 

 

参加した高校生たちのふりかえり、感想は下記のとおりです。

 

  本日の自分の受講態度を振り返ってみていかがでしたか?

・積極的に発言することができたと思います。でも、発言する前に自分の中でその感情をりかいしきれずに口にしてしまうと、相手を混乱させたり、店舗を乱したりするので難しいと思いました。

・少し改善すべき点があった。

・一つのテーマについてしっかり考え、みんなと意見を交換することが出来た。積極的に議論に参加できたと思う。

・自分で満足のいく行動は出来なかった。自分で参加したいと言ったのに、いざ話し合うとなると緊張なども入り、自分の意思をうまく伝えられなかった。自分がもっと活発に発言したり、周りは自分の発言についてどう考えているのか聞き出したりすれば良かったと思う。

・ある程度積極的にできたと思う。

・熱心に取り組めたと思います。

・結構発言できたのではないかと思う。ただ自分の意見を他社に理解してもらえるように伝えることに苦戦した。

・もう少し積極的に取り組めたのではないかと思いました。

・自分の思ったことや考えたことをグループに伝えることが出来たのは良かったと思います。しかし、出ている意見をもっと深めることができるように関係した問題を発見できる能力があったら、もっと深まるかなと思いました。

・積極的に参加できた。他の班のプレゼンをぼーっと聞くことがあった。改善したい。

・2回目の話し合いでは積極的に話し合いに参加することが出来なかったので、もし次にこのような機会があれば発言したい。

・事実から仮説を考えるときに、思いついたことをできるだけ多く発表できた。

・普段の学校生活で行う話し合いとは違った形だったけど、詳しく考えられ、より問題について理解できるようになった。

 

 

  ピアチューターのかかわりで良かった点をご記入ください。

・私が意味を理解しきれずにいると、「こういうことじゃない?」と言ってくれたことがすごく助かったし、すごいなぁと思いました。

・議論がそれそうになったときなどに“今何について考えるべきか”を明確にしてくれたことが、スムーズな議論につながったと思います。

・討論に熱が入っていても、次のテーマに話を移すために上手に会話していてすごかった。

・落ち着いていてかっこよかった。1,2歳しか変わらないのに・・自分もやりたい!

・湖の地図を最初から出さずに途中で出すことで、最初は情報が少ない中での意見で、地図を見てからさらに考えを広げることが出来た点。

・誰も手を挙げないときに場を動かそうとしていた。

・自分が意見を出せなかったとき、横からアドバイスをくれたりしてスムーズにしてくれたこと。

・困っていたら正しい考え方を教えてくれるなどのサポートをしてくれた。

・意見が出るように誘導していたこと。

・言いたいことはあるけど、意見がまとまらなかったとき、「こういうこと?」とまとめてくれた点。

・みんなが慣れない中、率先して司会や書記を引き受けてくれたり、意見を出しやすくしてくれたりした。

・討論をするうえで円滑になるように工夫していただいた。

・地図を出したことで話し合いの幅が広がったと思います。

・普段の話し合いなどでは1つの意見が出てきたときにすぐにデメリットを挙げてしまっていたが、今日は発散的な議論だったので、否定的な発言は控えた。これからもそうしたい。

 

 

  自分がチューターとなった場合、どのような工夫をしますか?

・意見を出してくれた人の意見をさらに発展させ、自分自身もしっかり意見を出す。

・よりディスカッションを円滑にできるように周りを見ることができるようにする。

・情報を出しすぎない。あまり発表していない人に意見を聞く。

・今日のチューターさんのように、今何を話し合うべきかを明確にして、議論をサポートしていきたいです。

・全員から意見が出るようにする。

・チューターなのに知識を与えないという点に驚いた。正解を知っている人がいないことで様々な仮説が立つことがすごいと思った。

・討論が詰まらないように援助を少しする。

・意見が出なかったとき、様々な視点から問題を見てアドバイスしたい。

・いかにたくさんの考え方がでるようにするかを意識しながらチューターをする。

・みんなの意見を引き出す!!

・今の意見について「○○さんどう考える?」と尋ねたり、発言した人の意見が曖昧な場合は再度意見を確認したりする。

・みんなが意見を出せるように、場を明るくしたい。

・分からない。

・簡潔な発言を心がけてもらうために、一回の発言に時間制限をしたい。

・周りの話を聞き、それを正しい方向に導いていけるグループワークをつくりたい。

 

 

 

 

  本日の感想をお書きください。

・私は世界に困っている人がたくさんいて、それを改善したいと思っている。それはとても難しいことだと思っていたけど、1つ1つ順序に沿っていけば、やり方も明確にわかるし、思っていたほど途方もない夢ではないと今日感じました。

・一人では絶対に成しえないことだと思う。みんなばらばらで最初不安だったが、そのことにより深い話し合いが出来た。

・世界を救うことに多かれ少なかれ興味を持っている人たちと話し合えて、本当に楽しかった!

・今までやってきた討論とは全く別物で、とても有意義で面白かったです。7月にまたあると聞いたので参加したいです。

・有意義な時間が過ごせました。

・自分たちで考えた課題に対して解決策を考えることは、与えられた課題について考えるよりも具体的で主体的な意見が出て面白かったです。

・今日初めて会う人たちとの話で最初は不安だったけれど、話し合ううちにいろいろな意見が出て、それを聞いてさらに新しい考えが思いついたりした。とてもいい経験ができた。

・しっかりと相手に物事を伝えることはとても難しいなと感じた。わかりやすく話すだけでなく、相手に伝わっているかを確認しながら話すことを心がけたい。

・自分では思いつかなかったような意見、考え方を知ることができ、本当に良かったです。討論の進め方、学び方がわかったので、学校生活でも生かしていきます!本日はありがとうございました。

・話し合いの時に漠然と事実から答えを出すのではなく、「仮説」や「NTK」を考えることで話し合いの幅が広がった。

・大変楽しかった。

・今回は普段体験することができないことを体験できました。日常生活でも活用できるよう、意識したいです。

・すごく有意義な時間を過ごせました。みんな意識が高くてすごく刺激になったし、自分も与える側になりたい。

PBLは今まで経験したことがなく、とても刺激的でした。社会問題解決のために何をすべきか、考えるべきかを知る良いきっかけになりました。最初は緊張したけど、とてもアットホームでリラックスできました。