OCES(オーケス)は、一般社団法人進路指導・キャリア教育支援機構の英文名であるOrganization for Career Education & Supportの頭文字を一文字ずつとった略称です。
当法人は、法人名の通り、高校生の進路指導、キャリア教育を支援するために、2018年1月に設立した教育機関です。

下記のA,Bを目的に、4つの事業を行っています。

A. 高校生が自己理解と社会理解を深め、自分らしい進路を発見するための支援を行うこと
B. 世の中を良くする志士を一人ずつ発掘育成すること

Aの高校生が自己理解と社会理解を深め、自分らしい進路を発見するための支援を行う事業については、高等学校の進路指導、キャリア教育、総合的な探究の時間に、様々なプログラムを提供する教育支援事業と、webメディア「ドリサーチ」を運営し、情報発信を行っています。
進路指導、キャリア教育、自己の探究学習については、独自のテキスト「キャリア アウェアネス」を中心に支援しています。

Bの”世の中を良くする志士を一人ずつ発掘育成する事業”については、寺子屋事業、社会課題探究学習支援プログラムにおいて、独自のESDプログラム「Kokoroashi-Based Growth」によって、生徒たちの志を育んでいます。

また、A,Bどちらの事業も「個別対話・面談(キャリア・ダイアローグ)」を最も重要視しており、一人ひとりの発達成長に丁寧に向き合っています。

開業以来、AとBの目的を果たすために、これらの3つの事業を行ってきましたが、2021年4月より、新たに北九州市立ユースステーションの指定管理を受託しました。
北九州市ユースステーションは、年間述べ20,000人ほどの中高生が利用しています。一人でも多くの高校生にキャリア・アウェアネス、キャリア・ダイアローグ、Kokoroashi-Based Growthを届け、事業目的、理想に少しでも近づけたいと思います。

 

<法人名>

一般社団法人 進路指導・キャリア教育支援機構

Organization for Career Education & Support 

 

<略 称>

OCES オーケス

 

<設 立>

平成30年1月30日

 

<代表者>

西田 将浩

 

<連絡先>

Tel. 050-1186-8595 Fax. 093-330-4453 Mail. info@oces.jp

 

<スタッフ数(アルバイト含む)

9名

 

<事業内容>

寺子屋事業

教育支援事業

メディア事業

施設管理事業